About us
 
 
 
「トオク」は南アルプスと中央アルプスをのぞむ町、長野県駒ヶ根市にあるアトリエショップです。
 
入り口のドアから入って左手前は靴のアトリエ。ここでオリジナルの革靴ブランド「Sayū」(サユー)の靴をつくっています。
左奥は靴の展示販売スペース。お客様の足を計測したり、靴を試着していただいたりしながら、靴選びをお手伝いします。
 
右側はショップスペースで、毎週金・土・日の3日間、クラフト作家の作品やファクトリーブランドのプロダクト、古本、古道具を販売しています。
またそのスペースを使って、企画展(展示販売会・受注会・ワークショップ etc...)なども開催しています。
 
基本的に週末の3日間、アトリエショップとしてオープンしていますが、事前にご連絡いただければ火曜日〜木曜日にもお越しいただけます。
靴の受注会や展示会出展のため週末お休みする場合もございますのでオープンの詳細はトップページの営業カレンダーでご確認ください。
 
 

 


 
よく履き込まれた靴は、無数の細かい傷がつき、ところどころ履き皺ができているものです。傷や履き皺のひとつひとつから、その靴の記憶をたどるとき、履くひとの物語や時間が溢れてくる。つくり手を離れた靴が「誰か」の靴になり、そのひとの雰囲気をまとうように育ってゆくことを願っています。

わたしたちのつくる靴は、ひとりひとりのお客様の好みや足にあわせて調整しながらつくるオーダーメイドの靴です。2012年頃から出張受注会やクラフトフェア出展など、さまざまなひとたちの協力を得ながら自分たちの手でつくって売るスタイルを続けています。
2018年夏からは旧屋号Co. & Kokoroneを改め「Sayū」(サユー)として活動してゆきます。
 
またオリジナルの革靴だけでなく、既製靴の修理や調整も承っています。履きたいけれど足に合わなくてしまったままになっている靴などありましたらお持ちください。 オーダーインソールによる履き心地の改善なども行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

#3. オーダーインソール・靴の調整について

 
 

 

 
 

 


 
“身につけていて心地いいもの”“使っていて心が満たされるもの”をコンセプトにクラフト作家の作品やファクトリーブランドの商品を販売しています。
素材や製法にこだわったものばかりです。実際に手にとって肌触りなど確かめながら選んでいただけたら幸いです。
 
【 お取り扱いさせていただいているアイテム 】
器、靴下、レッグウォーマー、帽子、財布 etc...
 
【 今後の予定 】
洋服(2018年12月下旬〜)、バッグ(2019年春頃)、アクセサリー、雑貨 etc...
 
 


 

 
テーマは“記憶”
子どもの頃、学校で使っていた引き出しや、図工室にあった椅子、実家の居間にあった小棚、玄関に飾られていた一輪挿し、どこかのご当地ピンバッジなど、どこか懐かしい記憶とセットになって佇むアイテムを扱っています。
サイズもだいたい車で持ち帰ることのできる大きさのものです。
店内で値段シールがついているものはすべて購入できます。ついていないものは非売品か、要相談品です。これから商品を徐々に増やしてゆきますので気長にお付き合いくださいませ。
 
 


 
アトリエショップの3分の1のスペース(約8坪)を使って企画展(展示販売会、受注会)ができます。
陶芸、木工、服飾、金工、皮革などジャンルは問いません。
アトリエショップ内の什器をお使いいただけますが、持ち込みも可。
事前にメールにて「①企画展の内容」「②開催時期」「③なぜトオクでやりたいのか」をご連絡いただき、後日、企画展のイメージが伝わるものをご持参の上(形式は問いません)、どのような企画展にしたいかご提案ください。
 
(※基本的に個人で活動されている方を対象としますが法人の方は別途ご相談ください。)
(※撮影スタジオとして使用する場合は別途ご相談ください。)
 

利用時間:最短3日間〜最長12日間
    (営業時間 11:00 - 18:00)
 
料金:販売手数料として販売価格の30%を頂戴します。

 
 


 


 
アトリエショップ内の壁面を使って作品の展示・販売ができます。
写真、文章(リトルプレス、zine)、イラスト、絵画、音楽、映像など、基本的に壁面に取りつけるタイプの展示販売と別途テーブル1台分(約1.1m×0.7m)の販売スペースをご使用いただけます。
事前にメールにてお問い合わせいただき、後日、作品のイメージが伝わるものをご持参の上、どのような展示をしたいかご提案ください。
原則、展示販売をお願いしていますが、展示のみの場合は別途ご相談ください。 
 

利用時間:金・土・日の3日間×2週(6日間)
    (営業時間 11:00 - 18:00)
 
料金:6日間 50,000円(+税)
  (物販の販売手数料は頂きません)

 
 


 

 
トオクがある長野県駒ヶ根市は年間120万人の観光客が訪れる場所です。
旅には、履き慣れて足にぴったりあった靴を履いてゆくことがとても大事なことです。それと同じくらいお供の本選びにもじっくり時間をかけてみる。そんな旅の習慣を靴屋として共有できたらいいなと思い、アトリエショップの一角に本のコーナーを設けました。
 
旅行中のひとが旅お供の本を探しにくる。そして移動の電車の中や夜に宿でひとりの時間を過ごすとき、少しずつページをめくって読み進める。旅が終わり、再びその本を手にとるとき、物語と一緒にいつかの旅の景色を思い出す...
それはきっとそのひとだけのかけがえのない記憶、心豊かに感じられる瞬間であると思います。
 
当コーナーでは、小説、写真、エッセイ、ルポ、雑誌を中心に並べています。
前々から気になっていたけれど、なかなか読むきっかけがなかった本が旅という非日常の空間だからこそ響いてくることがあります。なによりも旅の間の読書は自分自身と向き合う貴重な時間を与えてくれます。ぜひ当コーナーにお立ち寄りください。
旅先での靴のトラブル(靴底が剥がれた、靴擦れなど)にも対応いたしますのでご相談ください。
 
@tookubooks